スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

phs 青パネルと緑パネル 現在の初期シードの確認と消費乱数からの固体リスト

タイトルどおりきりっ

続きを読む »

スポンサーサイト

phs 黄パネル 初期シードの確認

初期シードにたどり着けたかどうかの確認です

続きを読む »

PHS 赤パネル 初期シードを出すまで

ツール自体はぐぐってさがしましょう
おひるごはんさんのツールです
みやすくてすきです

これとエメタイマー、前述の乱数逆算ツールがあればだいたいはできるとおもいますってかできてました

続きを読む »

初期シード

月×日+秒+分
この式から出る10進数を16進数に直した2桁の数字(1F5ならF5)
→●●○○○○○○


時間(範囲:00?24)
この10進数を16進数に直したもの(範囲:00?18)
○○●●○○○○


消費フレームPQRS+年数変更可能部位2桁
この値を16進数に直した4桁までの数字
○○○○●●●●



こちらの乱数逆算ツールで時間設定とかは割り出せるので自分で初期シードを解体する必要はないですけど、
何らかの理由で初期シードが一致していない場合、構成の仕組みさえ分かっていれば解決も容易だと思ってまーす。

例えば

d2140289

この初期シードが欲しいのに

d3130270
こんな初期シードばかり引いちゃうとき

まず

・d3
月×日+秒+分が1余分に多いので
分、秒を1減らそうってだけ。
大体エメタイマーの合計値がちょっと高いだけだろうから
エメタイマーAの数値を0.数秒ぶんだけ弄ってあげればいいんじゃねっていう。

・13
時計設定をミスってるだけ こんなミス普通あんましないし説明いらねええええ

・0270
なんかしんないけどフレームが大きくずれてる
エメタイマー弄って調整しましょう
280?270=19
16進数なのでそれ対応の電卓をつかいましょう
19は10進数に直すと25。25F分いじればおーけーですねはい。



自分的には需要不明の記事でしたさーせん。

16進数

まず我々が使用してるものは10進数といい
1、2、3・・・8、9ときて、9次の数字を書きたいとき、桁を繰上げて、「1」と「0」で「10」をつくっとります

16進数はこの「9の次の数字」が「15の次の数字」となっただけです
でも、10?15を一桁で表す数字がないそこででたのがアルファベット
10=A
11=B
12=C
13=D
14=E
15=F
ときて、
16=10
となるわけです

仕組みは分からなくても
関数電卓使えば変換してくれるので
まぁどんな数字かは楽に分かるんじゃないでしょーか


半分くらいみくしのコピペw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。